NETS-ACADEMY ネッツアカデミーNETS-ACADEMY ネッツアカデミー

お気軽にお問い合わせください

受付:15:00~21:00(土・日は休校)

筆記・英検・学習コース

ネッツアカデミーはここが違います! 英語力アップに欠かせない「話す・書く・聞く・読む」の4技能学習ネッツアカデミーはここが違います! 英語力アップに欠かせない「話す・書く・聞く・読む」の4技能学習

一般的な英会話スクールが「聞く」「話す」の要素を重点に置いて指導をするのに対し、ネッツアカデミーでは「読む」「書く」という要素も学んでいきます。従来の英会話スクールでもなく、学習塾の英語でもないトータル英語の習得を目指しています。

筆記コース

英語筆記学習

英会話コースでは「聞く」・「話す」を重点的にレッスンします。「読む」・「書く」に関しては英語筆記コースでさらにレベルアップを目指します。

英語習得の4技能

英語力アップに欠かせない「聞く・話す・読む・書く」の4技能。

英語筆記コースは英会話レッスンで不足する「書く力」「英語を理解する力」を個別指導によって伸ばしていきます。

英語筆記によるライティングでは、文法理解と英作文力のレベルアップを目指します。英会話もレベルが上がるにつれ、作文力をつけなければなりません。英語を身に付けるために「聞く・話す・読む・書く」の4要素をバランスよく学ぶことが本当の英語力となります。

ライティングの習得は学校の試験では大きなアドバンテージとなり、英検®では3級以上に加えられた「英作文」のパートに不可欠な要素となります。

個別指導による学習

自分の理解に応じた学習が有効にできます。

生徒の学年や理解度に応じて、それぞれのペースで個別に学習を進めていきます。

英語筆記では日本人講師が生徒を指導し、それぞれの理解の程度を個別にチェックします。クラスレッスンではないので、他の生徒を気にせず自分のペースで英語力をアップしていきます。生徒一人一人によって学習ペースは異なります。特に基本的な英語のルールが理解できるまでには時間がかかります。

英語筆記の受講日や受講時間は希望に合わせて決めることができます。

オリジナル教材

小学生にもわかりやすいオリジナル教材。

ネッツアカデミーの「書く」学習では、低学年でもわかり易くするためにカラフルなイラストや写真を多く取り入れたオリジナルの教材を使います。

小学生にはゆっくり学べ、いつでも復習ができる身近な教材が必要です。市販されているライティングの教本や簡単そうに見えても中学生のレベルが含まれるため、量と質の面から小学生が理解するには無理なつくりになっています。

生徒はとにかくたくさん英語を書きます。生徒は各項目の理解ができるまで(合格点が取れるまで)毎回楽しみながら、また苦労しながら毎時間たくさんの英文を書いています。

リーディング教材

中学・高校の教科書を併用。

英語筆記では中学生の教科書もリーディング教材として併用して使います。

なぜ学校と同じ教科書?そう思われるかもしれません。これにはいろいろな理由があります。

① 最近の教科書は、会話要素に重点が置かれ内容が充実している。 ② レベル(学年)ごとに分かれ、内容が易しく小学生でも内容が理解し易い。 ③ 将来進学や進級した際の学習内容の予習的な学習ができる。 ④ 他の市販の出版社のものに比べ、安価で費用対効果が大きい。 「英語筆記」を受講している生徒さんが英検®を受験する場合は、受験前には「英検®コース」に準ずる指導をしています。

クラス紹介

英会話受講生(英会話を受講している生徒さん)

英会話の受講だけでは不足する「読み」「書き」を総合的に学習します。

対象学年 対象 受講時間・項目

小学3年以上

E2/L2以上 英会話コースの受講にプラス

60分
リーディング・ライティング・英語検定

英会話未受講生 (英会話を受講してない生徒さん)

今は英語を話すのがあまり好きではなくても将来に備えて英語力を身に着けておくことはとても大事だと思います。

対象学年 対象 受講時間・項目

小学4年以上

英会話未受講の生徒

60分
リーディング・ライティング・英語検定

筆記コースの費用はこちら筆記コースの費用はこちら

英検®コース

英語改革に向けて変わる英語検定。

ここが違う!スクールの英検の得点は、全国平均をはるかに上回ります。 英検®も2017年度から3級以上のテストでは今までになかった英作文が出題されるようになり、「英作文」が重要な要素として加わりました。このため高得点を得るため、学校では学ばない会話文とは異なる英語によるエッセイの書き方を指導します。合格・不合格の判断基準は4技能のスコアによって判断されます。今後はよりバランスのとれた英語力がなければ高い評価は得られません。

  • ※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
  • ※このコンテンツは、公益財団穂人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

英検®の補習と2次試験対策(無料)

英検®合格に向けて無料レッスンを行います。

ここが違う!英検®合格のための補習が充実しています。 英検®の次試験(単語力・文法知識・英作文・リスニング)前に受験者希望者は全員補習を無料にて受講できます。未学習であったり、テストに慣れるための学習をします。

英検®の1次試験(3級以上)の合格者は2次試験(面接形式)を受けなければなりません。このための対策・練習も無料で行っています。

「英検®コース」の生徒だけでなく、「英会話コース」・「英語筆記コース」・「学習コース」のすべての会員生徒が補習授業の受講ができます。

クラス紹介

クラス 対象 受講時間・項目

英検®5

E2/L2クラスレベル以上
英語検定5級受験

60分
リーディング・リスニング・ライティング
3級以上は英作文と2次試験の面接対応

英検®4

E3/L3クラスレベル以上
英語検定4級受験

60分
リーディング・リスニング
3級以上:スピーキング 2級のみ:ライティング

英検®3

E4/L4クラスレベル以上
英語検定3級受験

60分
リーディング・リスニング
3級以上:スピーキング 2級のみ:ライティング

英検®P2

E5/L5クラスレベル以上
英語検定準2級受験

60分
リーディング・リスニング
3級以上:スピーキング 2級のみ:ライティング

英検®2

A1クラスレベル以上
英語検定2級受験

60分
リーディング・リスニング
3級以上:スピーキング 2級のみ:ライティング

英検コースの費用はこちら

学習コース

子どもたち自らが進んで勉強をする

日進市 ネッツアカデミーは受験対策専門の学習塾ではありません。

学習を通して「子どもたちが受身の勉強から、自らが進んで勉強をする」、そんな気持ちを持って欲しいと考えて指導しています。

学習コースの基本方針

指導理念

学習を通して「自立心」「やる気」を育てる。

指導方針

  • ●自ら学ぶことの喜び、自ら考え学習する楽しさを教えます。
  • ●自らの限界にチャレンジする子供を育てます。
  • ●人に対しての礼儀や約束を守る基本的な生活習慣を身に付けさせます。

自立型-個別指導

生徒は一人ひとりわからない点が異なります。
そのため各自がレベルや目的に合った内容を自分のペースで学習しています。
講師は生徒の学力に応じて、要点やわからない点を一人ひとりに直接指導します。

講師一人の指導できる人数には限りがある為、各クラスは定員制になっています。
通常は講師一人が3名~4名を指導します。

受講科目

小学生 算数・国語・英語
中学生 数学・英語・国語・理科・社会
高校生 英語・数学(物理・化学)

授業日

月曜日~金曜日(土曜・日曜は休校)

  • ※夏期・冬期の講習は別時間になります。
  • ●1日の受講時間は30分単位で分けて受講することができます。
  • ●各時間ともクラス定員(10名)があり、受講は事前予約が必要です。
    (満席になった時間帯は選ぶことができません。)
  • ●受講の曜日や時間はいつでも変更することができます。
  • ●欠席した場合は別日に振替受講することができます。

授業時間

受講日や受講時間は自由に選ぶことができます。クラブ活動や他の習い事で時間の制約がある場合はスクールとご相談ください。できる限り対応いたします。
受講時間数の増減は月単位で変更可能です。例えば各種テスト・検定試験前だけ時間数を増やし、テスト終了後は減らすこともできます。

  • 教材選択(国公立の小学校や中学校の場合)
    通常は教科書に準拠したテキストを使用し、希望に応じて予習中心か復習中心の受講内容が変わります。
    またテキストの難易度も易しいレベル・ふつうレベル・難しいレベルから選択することができます。
    受講日は希望に応じて
    受講日や受講時間は自由に選ぶことができます。
    クラブ活動や他の習い事で時間の制約がある場合はスクールとご相談ください。できる限り対応させていただきます。
    受講時間数の増減が月単位で可能です。例えば各種テスト前だけ時間数を増やし、テスト終了後は減らすこともできます。
    各種テスト
    検定や模試などのテストを実施しています。
    • ●各種試験の準会場として認定されているので、本会場に行かなくてもスクール内で受験ができます。
    • ●英語検定・児童英検®・TOEIC・漢字検定・全県模試(高校入試模擬試験)など
  • 定期テスト対策
    教科書が公立で使われる物とは異なる場合があるので、学習進度やカリキュラムに合わせたテキストの選択となります。
    中高一貫校の場合、中学部でも高校部の学習内容が一部含まれるため、授業内容の理解に重点を置くことになります。
    教材選択(私立の中学校の場合)
    必要に応じて、学校の授業に沿った内容のテキストを使います。
学習コースの費用はこちら学習コースの費用はこちら